本と2つの葉

「ホームページ成功の秘訣ってなに?よくわからない・・・」
「ホームページに成功とか失敗ってあるの?」
「ホームページを成功させるには、どうすればいいの?」

ホームページを成功させるための、いろいろな疑問。

このブログでは、「ホームページを成功させるには、どうすればいいの?」というホームページを成功させたい方へ向けて、ホームページを成功へと導く3つの秘訣について、どこよりもわかりやすく簡単にご紹介いたします。

私たちは、難しいホームページ作成の知識を知りたいわけじゃない。

そう、ただ、ホームページを活用して集客&お問い合わせを増やしたいだけなのです。

ホームページ成功【3つの秘訣】

明るい街並みと株価のイメージ

ホームページを成功へと導く、3つの秘訣をご紹介いたします。

  1. ホームページ開設の目的を明確にする
  2. ペルソナを決める
  3. ペルソナに刺さる高品質なコンテンツ(中身)作成

それぞれ、順番に簡単に解説いたします。

1.ホームページ開設の目的を明確にする

地球を指で差すビジネスマン

企業のホームページ開設率は、93.7%以上にもなります。実に100社中93社以上がホームページを持っている計算になります。

すでにホームページを開設している企業は、どのような目的でホームページを開設しているのでしょうか?総務省が2017年に実施した「通信利用動向調査(企業編)」によると、ホームページ開設目的のトップ3は以下のようになっています。

  1. 会社案内、人材募集(93.7%)
  2. 商品やサービスの紹介、宣伝(67.1%)
  3. 定期的な情報の提供(46.9%)

やはり純粋に「会社案内」を開設の目的にしている企業が、圧倒的に多い結果となっています。かつて会社案内といえば、紙のパンフレットでしたが、いつでも誰にでも手軽に見てもらえて、低コストで容易に情報更新ができるホームページにシフトしている結果だと思います。

誰しもホームページを作成する以上は、売上につなげるなど成功したいと思っているハズです。

ホームページの作成には、費用と時間が必要です。せっかく費用と時間を使って作成するわけですから、以下のような方は、ホームページを作成する目的を考えることから始めてみましょう。

  • 明確な作成目的が無い状態で、ホームページを作ってしまった方
  • これから新規でホームページの作成を考えている方

2.ペルソナを決める

右手人差し指を立てて笑顔の女性

ホームページを開設する目的を決めたら、次はペルソナを決めます。

例えば貴社が求人募集を行う場合、「誰でも良い」と求人を出しませんよね?お互いにミスマッチを防ぐために、必要とする人材(年齢、資格、スキル、経験など)を明確にして支給するお給料なども決めて募集をしますよね?

この必要とする人材のイメージ像こそが「ペルソナ」です。

ホームページで成功するために、ホームページを訪れてくれるお客様のイメージ像を明確にして、そのお客様に刺さるホームページに仕上げましょう。

ペルソナとは架空のユーザーのこと

ペルソナとは、架空のユーザーを作成することです。ペルソナを構成する要素は大きく以下の2つ(基本情報、ライフスタイル)からなります。

基本情報

  • 年齢
  • 性別
  • 家族構成
  • 居住地
  • 出身地
  • 収入
  • 最終学歴

ライフスタイル

  • 趣味/嗜好
  • 人生観/お悩み事
  • 好きな娯楽や食事
  • 好きなファッション
  • お友達(交友関係)
  • 好きな旅行先

ペルソナを設定するメリット

繰返しになりますが、求人と同じように、ホームページ作成においてもペルソナを設定することは大切です。それは万人向けのホームページではなく、特定の人に刺さるホームページのコンテンツ作成につなげることが、求人で言うミスマッチを防ぎ成功への第一歩になるからです。

ホームページは、ホームページを訪れてくれたお客様に対しての、おもてなしの場所になります。そのため、訪れてくれたお客様にとって、居心地の良い空間にすることが大切です。

ペルソナを設定するメリットは、ホームページの作成に際して考慮すべきことが明確になる点です。

  • ペルソナが検索エンジンを利用して調べ物をする
  • ホームページを訪れる
  • 商品(サービス)に興味を持ち購入する

この一連の流れをシミュレーションして、書き出すことがホームページの構成を考える上で大切です。

3.ペルソナに刺さる高品質なコンテンツ作成

ノートパソコンを操作する女性

一連の流れをシミュレーションして書き出したら、次にペルソナに刺さる高品質なコンテンツ作成へと移ります。

インターネットのユーザーは、自身の悩み事や調べたいこと、知りたいことなど「課題解決のための手段」としてGoogleなどの検索エンジンを利用して調べます。そして検索結果の上位に表示されたホームページに自身の「課題解決」を期待して訪れます。

課題解決のために、商品やサービスの提供を求めている場合は、商品の購入やお問い合わせなどにつなげる必要があります。一連の流れをシミュレーションして書き出すことで、ペルソナが求めている効果的な流れを作ることができます。