このブログでは、「ホームページ運営ノウハウ たった1つの方法」と題して、ホームページ運営でお悩みのWeb初心者の方を対象に、できるだけ分かりやすく解説していきます。

苦労しながら階段を上がるイラスト

きちんとSEO対策を施したホームページを制作すれば、日々の更新業務をしなくても、検索で上位に表示されるようになると思っていませんか?
いえいえ、そうではありません。きちんとSEO対策を施したホームページは、きちんと更新業務を行うことで、4ヶ月から1年かけて徐々にその評価が向上して良い結果につながります。
ここで言う4ヶ月から1年とは、新規ブログ記事の公開日や既存の記事の内容更新日が基準となっていると考えられます。

なぜ4ヶ月から1年なのか。それは、自身の経験に基づくのではなく、Googleが提供している、コンテンツが適切なユーザーに表示されるようにするためのサポートツール「Google サーチ セントラル」で公表されている数字です。
それを以下に引用してご紹介いたします。引用部分の一番最後に「通常、変更を開始してからメリットが表示されるようになるまで、4ヶ月から1年かかります」と記載されています。ここで言う「メリット」とは、検索結果が上がってくることだと考えています。

Google翻訳をそのまま掲載しているため、読みにくい部分があります。皆様でGoogleが何を伝えたいのか、考えながら目を通してみてください。

あなたが小さな地元の企業を経営しているなら、あなたはおそらくあなた自身で多くの仕事をすることができます。ここにいくつかの良いリソースがあります。
あなたのビジネスのためのオンラインプレゼンスを構築することに関する私たちの30分のビデオシリーズをチェックしてください。
Googleウェブマスターガイドライン(リンクあり)
Google 101:Googleがウェブをクロール、インデックス作成、提供する方法。(リンクあり)
SEOスターターガイド(リンクあり)は、あなたのSEOがあなたのために何をするかの多くを説明しています。専門家を雇って仕事をする場合は、このガイドを自分でよく知る必要はありませんが、SEOがテクニックを使用したいかどうかを知ることができるように、これらのテクニックに精通していると便利です。これは推奨されないか、さらに悪いことに、強くお勧めしません。
結果が表示されるまでには時間がかかることを忘れないでください。通常、変更を開始してからメリットが表示されるようになるまで、4か月から1年かかります。

ホームページ運営ノウハウ たった1つの方法

ホームページ運営ノウハウ たった1つの方法は、

  • 最高品質のホームページを作る

これにつきます。

最高品質のホームページ制作とは、一体なんなのか。これからご説明させていただきます。

積み木でUPDATE

最高品質のホームページ制作とは

最高品質のホームページ制作に必要なことは、Googleサーチコンソールの「コンテンツと品質のチェックシート」に記載されている、8つのポイントをおさえることです。

8つのポイントについて、詳しい解説を引用文の後に掲載しています。是非、チェックしてホームページ制作に役立ててください。

コンテンツと品質のチェックシート

  1. 完全にオリジナルな内容ですか?(自ら取材して、調査・分析したものですか?)
  2. 一つのテーマについて、詳しい解説で分かりやすく説明をしていますか?
  3. 的を得た分析をしていますか?面白い情報を、誰でも簡単に理解できる内容で書いていますか?
  4. 他の記事を単にコピー&ペーストするのではなく、他の記事を参考に、たくさんの付加価値を付けてオリジナルな内容に書き直していますか?
  5. 見出しやタイトルは、内容をはっきりと短い言葉で表していますか?
  6. 見出しやタイトルは、大げさに、不自然に表現していませんか?
  7. 記事は、ブックマークしたり、友達に共有とかオススメしたくなるような内容ですか?
  8. 記事は、雑誌や百科事典、本に参照として掲載されるような品質ですか?

以下に、引用文を掲載いたします。Google翻訳だとおかしな日本語で、何が言いたいのか伝わってこなかったので、原文(英文)をそのまま掲載します。

Content and quality questions
・ Does the content provide original information, reporting, research or analysis?
・ Does the content provide a substantial, complete or comprehensive description of the topic?
・ Does the content provide insightful analysis or interesting information that is beyond obvious?
・ If the content draws on other sources, does it avoid simply copying or rewriting those sources and instead provide substantial additional value and originality?
・ Does the headline and/or page title provide a descriptive, helpful summary of the content?
・ Does the headline and/or page title avoid being exaggerating or shocking in nature?
・ Is this the sort of page you'd want to bookmark, share with a friend, or recommend?
・ Would you expect to see this content in or referenced by a printed magazine, encyclopedia or book?

1. 完全にオリジナルな内容ですか?

Googleは、自ら取材に赴き、調査・分析した「完全にオリジナルな内容」を推奨しています。

自分の脚で稼いだ情報を調査・分析し、自分の言葉で表現することこそが、完全にオリジナルな内容への第一歩になります。

2. 一つのテーマについて、詳しい解説で分かりやすく説明をしていますか?

Googleは、一つの記事やテーマについて、「詳しい解説」「分かりやすく説明」することを推奨しています。それは、ブログ記事などでよく目にする「◯◯について、詳しくはこちら」とリンクを貼ることでは、ありません。

「詳しい解説」と「分かりやすく説明」を両立させることがポイントです。しかし、一般的に詳しく解説しようとすると、長くなってしまいがちです。そして、長くなると、分かりやすさが犠牲になってしまいます。そのため、

  • できるだけ短い言葉で、詳しく解説
  • できるだけ短い言葉で、分かりやすく説明

するように心がけましょう。

3. 的を得た分析をしていますか?面白い情報を、誰でも簡単に理解できる内容で書いていますか?

「的を得た分析をしているか」について

●的を得た分析 当店では、「ホームページ制作の目的(コンバージョン率)を向上させるために必要な分析(アクセス解析)」を行うことだと考えています。

「面白い情報を、誰でも簡単に理解できる内容で書いているか」について

例えば、法律などの難しい言葉が多いと、とっつきにくいものです。そのとっつきにくさを解消するために、「誰でも簡単に理解できる内容で書く」ことが大切です。

●面白い情報 万人向けのものではなく、「提供するサービスや商品のユーザーが、興味を持ちそうな情報」のことだと考えています。

●誰でも 「何も知らない初心者でも」と理解しています。商品のユーザーは、リピーターだけではなく、初めてその商品に触れる新規顧客も含まれます。その新規顧客こそが、何も知らない初心者に当てはまります。

●簡単に理解できる内容 英語ではなく日本語を使う。専門用語は一般的な表現にする。難しい言葉は簡単な言葉に置き換える。など、提供するサービスや商品のことを知らない新規顧客が、簡単に理解できる内容にすることが求められています。

まとめると、「提供するサービスや商品のユーザーが、興味を持ちそうな情報について、新規顧客が簡単に理解できる内容の記事を書く」ことだと考えています。

4. 他の記事を単にコピー&ペーストするのではなく、他の記事を参考に、たくさんの付加価値を付けてオリジナルな内容に書き直すなどしていますか?

「他の記事を参考に、たくさんの付加価値をつけてオリジナルな内容に書き直す」について

●ほかの記事を参考に 既に公開されている競合他社など、ほかの記事を参考にすることは、悪いことではないとされています。

●たくさんの付加価値 記事を最新で分かりやすいものにするために、たくさんの写真やイラスト、情報の見直し、新たな情報を追加するなど

●オリジナルな内容 競合他社の記事を参考にするのは良いが、内容はオリジナルに書き直すなどしないといけません。

まとめると、「競合他社の記事を参考に、写真やイラストを使って分かりやすく、最新情報でオリジナルな内容に書き直すなどしましょう」ということだと考えています。

禁止事項 他の記事をコピー&ペーストして、そのまま公開してはいけません。その理由は、著作権法違反に当たるからです。その場合、Googleからは検索結果の遠く、はるか彼方へ葬られる措置が取られます。

5. 見出しやタイトルは、内容をはっきりと短い言葉で表していますか?

見出しやタイトルは、内容と異なってはいけません。内容をはっきりと短い言葉で表すようにしましょう。なぜかというと、見出しやタイトルが内容と違っていたら、読者が混乱してしまうからです。

6. 見出しやタイトルは、大げさに、不自然に表現していませんか?

アクセス数を増やすために、見出しやタイトルを目立たせたくなるものです。しかし、そこはグッと堪えて、見出しやタイトルは、自然な感じで付けるようにしましょう。

7. 記事は、ブックマークしたり、友達に共有とかオススメしたくなるような内容ですか?

●ブックマークとは お気に入りの記事やホームページをすぐ表示できるようにGoogle Chromeなどのブラウザに記憶させることです。

●友達に共有とかオススメしたくなる記事 「友達に教えてあげたくなる記事」と言い換えることが出来ます。それは「3. 面白い情報」のように、人のお役に立てる記事のことだと理解しています。

まとめると、「人のお役に立てる記事に仕上げることで、アクセス数が増えていきます。」と言うことだと理解しています。

8. 記事は、雑誌や百科事典、本に参照として掲載されるような品質ですか?

これこそが、「1.〜7.」までを一つ一つ対応していくことで、最高品質の記事が出来上がります。最高品質であることの証として、雑誌や百科事典、本に参照として掲載されるような記事になると理解しています。

まとめ

雑誌や百科事典、本に参照として掲載されるような品質の記事に仕上げるために、可能な限り「自ら取材して、調査・分析を行う」ことから始めましょう。記事の内容は、文章だけではなく、取材時に撮影させてもらった写真や独自のイラストも入れて、読みやすくすることも必要です。

記事の制作で迷ったときは「雑誌や百科事典、本に参照として掲載されるような品質」かどうかを判断基準にしましょう。

困ったときは

最高品質のホームページ制作には、かなりの時間と労力が必要です。そのために人材を割くことができる場合は、良いですが、そうはいかないケースも多いのではないでしょうか?

記事の制作でお困りの時は、Webコンサルティングも承っている大阪 はまぐちWebデザインにご相談ください。お客様に最適なご提案をさせていただきます。
初回お問い合わせは、お問い合わせフォームよりお願いします。

********************************
大阪 はまぐちWebデザインは、大阪、尼崎、西宮、芦屋を中心に、最新SEO対策を意識したホームページ制作、ECサイト制作、Webコンサルティングなどを承っています。
********************************